読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっとポケモンGOをプレイ、まずは鳥取砂丘へ。

iPhone、iPad ゲーム

8月13日に、OCNモバイルONEのSIMが届いてiPhone SEにチェンジ、8月16日にポケモンGOをプレイ開始した。

日本では、7月22日リリースだから約3週間遅れでプレイである。

まず行かねばならないのは、「スナホ・ゲーム解放区」である鳥取砂丘でしょう。(^o^)

そういえば、iPhone鳥取砂丘の写真を撮ったことがない。

一緒に、iPhone 4Sも持って行き、「4Sの800万画素」と「SEの1200万画素」を比較してみようと。

 

iPhone 4Sで撮った砂丘(800万画素)

 

iPhone SEで撮った砂丘(1200万画素)

 

う〜む、写真のプロではないので、よく違いがわからないが、iPhone SEの1200万画素のカメラの方が、拡大してみると細かく写っているようだ。

 

ポケモンGOの方は、話題になった「Ingress」ユーザーの方のお陰で、ポケストップがたくさん。

来てたのは、ほとんどが県外の方たちであろう、車のナンバーを見たところ。

何人かは、もちろんスマホを手にポケモンプレイ。

 

次は、他のスポットにも行って、ポケモンするとしよう。

オリンピックの期間中に、iPhone SEに機種変更。

Apple iPhone、iPad

さて、リオ五輪も閉会しました。

閉会式、マリオなどのキャラクターが出ましたねえ。

 

オリンピック中継に夢中で、ブログを更新する気が起きなかったなあと。

オリンピックが始まる前に、ポケモンGOがリリースされましたが、私のiPhone 4Sはインストール出来たのだが、2011年10月発売なのでCPUが遅くて「動作対象外」のようであった。

なので、機種変更予定を2ヶ月前倒しして、iPhone SESIMフリーモデルを買い、

予定していたOCNモバイルONEのSIM、いわゆる「格安SIM」の契約をした。

回線の切り替え手続きに、約3週間もかかってしまった。

今のiPhone 6Sのデザインは、どうも持つ気にはなれないのである。

なのでiPhone SE

ジョブズ監修デザインの面影のあるデザインが、いいのだ。

中身の性能は、iPhone 6Sと同じなので動作サクサク、キビキビ、サイコー(^o^)。

縦に一列長いだけでも、画面が広く感じます。

ワシって、なかなか大画面スマホにしないよねえ(^o^)

iPhone 4Sさん、2012年9月より約4年間ご苦労様でございました。

ありがとうと言いたいところです。

これからは新たなパートナー、iPhone SEと共にアップルライフを。

ARM社を買収。孫正義さんは、誠にたまげたお方だ。

Apple iPhone、iPad 人物

ホントに、スーパーギャンブラーだなと。

 

ARM社とは、半導体の設計に特化した会社。

なので半導体を製造する工場は、所有していない。

実際の半導体の製造は、台湾のTSMCという会社や、サムソンが製造している。

AndroidスマホiPhoneの頭脳を司るCPUも、ARM社の開発、設計。

ゲームボーイや、ニンテンドーDSのCPUも、ARMのコア。

 

アップル社は、ARM社から技術のライセンスを受けて、アップル社の半導体チームがiPhone向けにカスタマイズ、最新のiPhoneのCPUには「Apple A9」という名称をつけてiPhoneに搭載している。

この会社で、スマホが成り立っているという訳でございます。

おかげさまで、我々も恩恵を「ものスゴ〜く」受けている。

 

かつて、ジョブズさんは、パソコンのCPUの会社であるインテル

「今度、携帯電話作るから(そう言われたかどうかは知りませんが)、省電力のモバイルチップを設計、製造してくれないか」と言われたそうだ。

それに対して、当時のインテルのトップは(まさかiPhoneがこれだけ全世界に何億も普及するとは思わなかったそうで)」断ったらしい。

それで、ビジネスチャンスを逃したという訳である。

また、iPodの生みの親である、トニー・ファデルさんが、ジョブズさんに進言。

iPhoneのCPUはARM社のコアにするべきだ。でないと私は会社を辞める!」

ジョブズ「わかった、わかった。そうするよ。」

かくして、iPhoneの頭脳を司るCPUはチップは、ARM社の半導体に決定。

数年後のiPhoneに搭載する為に、アップル社は「P.Aセミコンダクター」という会社を買収して、アップル社に半導体のチームを作り、ARMコアを元にiPhoneに搭載するチップを設計、開発を開始する。

 

ARM社が設計するチップは、来るだろうと言われている(ホントに来るんだろうか?)「IoT時代(いろんな物がインターネットに繋がる時代)」に向けて、ますます欠かせない半導体だ。

自動で運転する車、ロボット、ドローン、家電製品、などなど。

今回、孫正義さん、ソフトバンクは製品の「上流(それが無いと成り立たない)」を手に入れた。

孫正義さんが引退する頃には、ソフトバンクはどんな会社になっているのであろうか?