読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取のアップルウォッチャー日記

初代iMacへの憧れからスタート、2002年8月から念願のMacユーザー&アップル社ウォッチャー。

Macが、インテル製CPUにスイッチしてから10年

Apple ジョブズさんに感謝

先月2016年1月で、Apple社のパソコンである「Mac」のCPUが、IBMモトローラ製の「Power PC」から、インテル製の「Coreシリーズ」に変わってから、10年が経った。

ASCII.jp:【Macworld Expo 2006 Vol.1】噂は本当だった! Intel Core Duo搭載のMac Book ProとiMacが登場!

Macworld Expo 2006:「4倍速い」MacBook Proと「2倍速い」iMacがIntel Core Duo搭載で登場 - ITmedia LifeStyle

 

2005年6月のWWDC(世界開発者会議)で、ジョブズさんが

MacのCPUをインテル製へ移行する!」と発表した時、私はこれまた興奮した。


Apple WWDC 2005-The Intel Switch Revealed

 

翌日、地元の新聞に「アップル、インテル移行へ」と掲載された時、会社の別部署の方が、他の用事ついでに私の所にやって来て、「やーい、やーい、アップルも落ち目だ。」というような内容の事を言われた覚えがある。

その時私は、「いいえ、違いますよ。(ジョブスさんは)いい判断です。」と(サラリと)申し上げた。

直感で、「これは上手く行くぞ!」と思ったからである。

だって、頭脳のCPUが変わっただけで、表面上のMacOS Xは「見た目も、操作性も」変わらないんだから。

(Apple社って、表面上はハードを売っているけど、本質はソフトウェアの会社じゃねえの?)と、なんとなく思っていたのである。

そして、見事にMacは、インテル製CPUへの移行を成し遂げた。

その後、MacOS XのDNAを受け継ぎ、マルチタッチ入力と組み合わせた「iOS」を搭載したiPhoneiPadが生まれ、今はこれだけ世界中に普及し、OSやiMacMacBookもスタイリッシュに洗練されて人々を魅了し、Appleという会社は常にメディアに取り上げられ、スーパーメジャーな存在になった。

2001年、初めて店頭で「MacOS X」を触った時の直感「Appleという会社は、スゴイ事になる!」は正しかったのだぁ〜。(^o^)

(得意げに言って、すみません。)

 

改めて、スティーブ・ジョブズさんには、感謝の言葉しかない。

という事で、3月にモデルチェンジするらしい新型MacBookを買うかなあ〜。(^o^)

MacBook - Apple(日本)